forest-mountain’s blog

歴史についてつれづれなるままに書いてます

古代卑弥呼の足跡を訪ねて山口へ・・・

以前から古代史に興味があり、特に邪馬台国やその女王卑弥呼のことや「古事記」「日本書紀」のことを色々と調べながら、アカシックレコードからの情報をとって検証しています。

邪馬台国は一体どこにあったのか?卑弥呼とはどこからやってきてどこで亡くなったのか?
色んな説がありますが、
そんな中、未解決事件を透視する元FBI超能力捜査官のマグモ・ニーグルという人が卑弥呼の墓の場所を突き止めたという記事を見つけて、早速先日その場所に行ってみました。

邪馬台国は大きく九州説、畿内説がありますが、卑弥呼邪馬台国の女王だったということで当然、九州、畿内のどちらかにお墓はあるんだろうと思いきや意外な所をマグモ・ニーグルさんは透視していました。

そこは、山口県の山あいにある豊田湖という湖畔にある「安徳天皇御陵墓参考地」という所です。こちら↓

そこに卑弥呼が眠っているというのです。
ここは壇ノ浦の戦いで入水した安徳天皇の遺骸が地元の漁師の網にかかりこの地まで運ばれて埋葬されているということで、現在、宮内庁が管理しており墓の入り口には鉄の扉があり立ち入り禁止になっています。

安徳天皇も壇ノ浦の後、落ち延びたとか、入水したのは別の身代わりだったとかいろんな説があります。


さて、鉄格子から中を覗くと古墳状になった盛り土に石積みの階段がついており、その天辺あたりに陵墓がある感じです。
マグモニーグルさんはアメリカからやってきてここで透視をして、ここには卑弥呼が眠っていると言って具体的に埋葬されているイメージとか副葬品なども絵を描いています。

そこで、僕もアカシックリーディングをやってみました。

「ここは、卑弥呼の墓なのか、安徳天皇の墓なのか?」

けれど、卑弥呼がここに埋葬されたイメージとかの情報はきませんでした。
何度かリーディングを試みましたが、やはり卑弥呼が埋葬されている感じはしません。

その代わり、逆に安徳天皇が眠っている感じが右手にビリビリと伝わってきました。

そして、イメージで

甲冑姿の源義経が部下達に安徳天皇の遺体を誰にも気づかれずに人里離れたところに丁寧に埋葬するように指示している姿が浮かびました。


ただ、この盛り土の形状は古墳の形であり、古墳時代にこれが作られたのであれば3世紀頃以降であろうと思われ、壇ノ浦の戦いが12世紀であるので安徳天皇を埋葬している陵墓にしては不自然な形です。
結局、卑弥呼の墓であるという感覚は得れないまま、ここを後にしました。


そして、自宅への帰路の途中、高速上で夕食を摂ろうとたまたま入ったのは壇ノ浦SAです。
安徳天皇陵墓に行った後に壇ノ浦に立ち寄るというシンクロ!

 

帰宅してから知ったのですが、マグモ・ニーグルさんらが現地に来て透視していたときに

一匹のアゲハ蝶がやってきて奥さんの手に留まりずっと動かずにその後ご主人の手に移し替えても身じろぎせずに羽を広げてじっと指に止まっていた映像を見つけました。

びっくり!アゲハ蝶は平家の家紋です!

やっぱりあそこは安徳天皇が眠っているのかな?
(写真は関門海峡を望む関門橋、左に壇ノ浦の古戦場、手前が下関、対岸が門司)

 

S A内のレストランで壇ノ浦を眺めながらフグではなく、なぜかうどんを食べたのでした。
今から800年ほど前にこの海峡で日本の歴史を作る戦いがあり、人の運命の儚さを体現した平家一門は海の底の都に旅立ったのでした。

(終わり)

オリンピックが終わって思ったこと

 オリンピックが終わってしまいました。

僕にとっては痛く感動した祭典になりました。

 

前回のブログで、オリンピックがなくならないと真の平和はおとづれないんじゃないかということを書きましたが・・・

オリンピックが終わった今、

人生で二度自国でのオリンピック開催を経験したことに痛く感動しています。

一度目は生まれたばかりで見れませんでしたが・・・

 

否定的な報道で始まったオリンピック、開催中もコロナ感染拡大のニュースとか決して歓迎ムードではない中で、メダル奪取に沸きました。

僕にとっては、この祭典はとても価値あるものだったと思います。

 

外国人選手が日本人の行動に痛く感動している場面、選手が他国の選手に声をかけて労るシーン、滞在先での関係者のおもてなしの心など。

日本人の資質の高さを改めて知った機会でもありました。

 

日本人の精神性の高さは、まだまだ世界を牽引していける、そういう国民性を持っているんだと改めて確認させられました。だから世界の中で卑屈になることはないと。

一人一人が自分の国に誇りを持っていいことが証明された大会だったと思います。

 

宴が終わって、これから経済のこと政治のこと、混沌としていくかもしれませんが、

このオリンピックの大会で知った国民性の高さで一人一人が自分のできることをやっていく、それがこのコロナ禍での混乱を切り抜けていく一つの手段になるのではないかと大会が終わって思っているところです。

このことは自分自身に対してももっと自覚していくことだと思っています。

f:id:forest-mountain:20210809100536j:plain

 

 

 

 

オリンピックという戦い

今、オリンピック真っ盛りですが、このコロナ禍の中で開催された東京オリンピック

開催前には開催の可否について議論が広がり報道も否定的なことばかりが流れていました。

始まると日本が過去最大のメダルを獲得するかもしれないという期待が報道で流れています。

その一方でメダルを期待されながら結果が出なかった選手もたくさんいて、悔し涙に試合会場を後にしている姿があります。

また、一方ではスキャンダルを世間に叩かれ精神的にも身体的にも意気消沈した中で出場した選手もいて、結果は出なくても出場自体に喜びと幸せを口にする姿もありました。

さまざまな姿、ドラマが生まれるのもこんな大きなイベントならではのことです。

世界平和と声だかに叫ばれながら、世界中で戦争の最中にある国々にスポーツを通じて平和を訴える意義がオリンピックにはあると言われます。

でも、結局オリンピックも結局戦争をしているんじゃないかなと思うんです。

武器を持たない戦争。

国をかけてメダル奪取にしのぎを削り勝利と敗戦がある。

負けた選手、涙を流しこの5年間戦争のために打ち込んできたのは何だったのか?勝利を掴むためのものだったのではないかと自分を責める。

 

武器を持たない戦争、オリンピックがなくならないと真の平和はおとづれないのではないかと思うんです。

f:id:forest-mountain:20210802172456p:plain

 

 

 

 

 

 

北陸自動車沿線は戦国武将の戦いのあとが・・・

京都に先月滞在し、これから始めようとする着物の仕事関係のために福井市の先の丸岡市まで行きました。

京都から約3時間、途中SAにちょこちょこ立ち寄りながら行ったんで普通2時間半のところ少し時間がかかったみたいです。

 

京都南ICから名神高速を走り、途中滋賀県で分岐し北陸自動車道に入るとSAや沿線には有名な戦国武将にゆかりのある場所が多いこと、また、日本のその後の歴史を決定づける戦いが琵琶湖周辺に集中してることにも驚きました。

戦国好きな僕にとっては楽しい行程でした。

その武将たちのゆかりのあるSAなどを少し紹介します。🏯

 

まず「長浜IC」は、秀吉が立てた長浜城の近くにありました。

浅井長政が信長から滅ぼされた後、浅井の領地を譲り受けた秀吉は不便な小谷城を去り琵琶湖の畔の水上交通が便利な長浜の地を居城としました。

その後、長浜城柴田勝家との「賤ヶ岳の戦い」の時の拠点になりました。

その長浜城も豊臣家滅亡後は、徳川家によって取り壊されてしまいます。

その長浜ICの東側には「関ヶ原古戦場」がありました。

そして、更に北に少しいくと「姉川の古戦場」ここは、浅井・朝倉連合軍が織田・徳川連合軍に敗北した土地です。

この戦い後に、信長の妹お市の方の旦那さんである浅井長政は滅ぼされます。

そして更に北には「小谷城スマートIC」がありました。

ここは、信長に滅ぼされた浅井長政小谷城があった場所であんな高い所に城があったんだと

驚きでした。

山城はどこもそうでしょうけど、防御のためとはいえ、暮らしにくい不便な所に作ってたんだなあとつくづく感じました。

 

そして、琵琶湖の北端には「賤が岳SA」がありました。

ここは、信長亡き後の後継者をめぐって柴田勝家豊臣秀吉が戦った賤が岳の戦いがあった近くです。勝家はここで秀吉に敗北した後、福井の居城北ノ庄城に戻り、城に火を放ちお市の方とともに自害します。

そして、更に北上し高級メガネで有名な鯖江にある「北鯖江PA」近くには浅井長政と同様に信長に滅ばされた朝倉義景一乗谷の居城がありました。 

戦国好きの僕にとっては、たまらないものでした。

 

でも考えてみると、これらはみんな戦いに負け滅びていった武将たちのゆかりの地です。

そして勝者であるはずの信長も本能寺で滅ぼされ、秀吉の豊臣家もあえなく滅んでしまいました。

どんなに戦いに勝ってもいずれは滅んでしまう、人の一生は儚い夢を見ているようなものなのかもしれません。

これは「北鯖江PA」に立ち寄った写真です。

外に面白い幟旗が立ってました。

ボルガライス??へしこ出汁??

 

鯖江では、メガネの他に耳かきまで作ってるんですね

(終わり)

平家の栄華と六波羅蜜寺

久しぶりに書きます。

先月京都に滞在し、その時平家の拠点があった六波羅蜜寺に立ち寄ったのでそのことを少し書きます。

六波羅蜜寺は、平安時代末期、醍醐天皇の王子である空也上人がここで当時京都で流行っていた疫病の退散の祈祷を行ったのがこの寺の始まりだそうです。

鴨川の東にあり、平安の昔は死者の埋葬地への入り口に当たるところだったそうで、平清盛の祖父正盛がここで一族の供養堂を作り、父忠盛が六波羅館という一族の軍事拠点を作りました。

当時は今の境内よりも相当広かったみたいで、その境内に平清盛は平家一門の拠点を構え、一族郎党約3千戸をここに住まわせました。

当時最大の権力者であった後白河法皇の住まいもこの近くにあったことから、緊急事態の際にもすぐ駆けつけられるということで平家はここを拠点にしました。

六波羅蜜寺の前の通り)

f:id:forest-mountain:20210713204119j:plain

今通ってみると、当時平家一門が集結していたとは想像できないほど、民家が立ち並び狭い道路が曲うねっています。

源平の武者たちが駆けていたこの地で、平安の昔に思いを馳せながら歩きました。

六波羅蜜寺には、本堂の奥に空也上人像や清盛坐像などが安置されており、それらの像は今にも動きそうでリアルでした。

 

寺の外には清盛塚があり、本当の墓ではありませんが清盛公のことを思いながら手を合わせました。清盛の墓は不明だそうです。

f:id:forest-mountain:20210713204416j:plain

 

今でもこの六波羅周辺には、小松町とか池殿町とかいう地名がありますが、これらは清盛の息子の重盛や弟の頼盛などが住んでいたところです。

そして、平家が滅んだ後、鎌倉幕府の北条氏は清盛の邸跡であるここに朝廷や武家を監視する六波羅探題を置きました。

f:id:forest-mountain:20210713204737j:plain

平家の栄華があったこの六波羅も清盛の後継者である宗盛は源氏に追われ屋敷群に火をつけて京都を捨てて落ちていきます。

清盛が亡くなってからわずか3、4年後のことです。

”奢れるものも久しからず”

そんなことを思いながら六波羅を後にしました。

(終わり)

 

空に魚が飛んでいる?

先日の下鴨神社の続きを書こうと思ったんですが、今日はある場所で写真を撮ったら空に変なものが写っていたんでこの事を書こうと思います。

 

先日、6月21日、夏至の日に伊勢神宮に参拝しました。

この日は緊急事態宣言が解除になった翌日だったのと夏至の日が重なりこれまでに比べて参拝者が多く、また天気も快晴だったことも手伝ったようです。

 

伊勢神宮の参拝順路は外宮から内宮へ回るのがしきたり?らしく、タクシーに運転手さんの話では、このしきたりは外宮に鎮座する豊受大御神は内宮の天照大御神より500年後にこの地に鎮座して、天照大御神に食事を捧げる神なので外宮を先に回ることになっているらしいです??

 

外宮では、豊受大御神が祀られている本殿に参ると、一陣の風が本殿を隠している幌(みとばり)をふぁーと靡かせました、なんとも神聖な気持ちと神様に歓迎されている気がしました。

 

境内を参拝の途中、「三ツ石」という儀式の時にお祓いをするというところに来ると、右手にビリビリと電気が走る感覚を覚え、強いエネルギーがここから発せられていることを感じ、なぜか「三本の矢」🏹という言葉が聞こえてきました。

また「矢は放つためにある、だから放つ必要がある」というメッセージも聞こえ、古代の服装をした男性がこちらに向かって、口から強い炎を吹き出してくるのが浮かびました。不思議?

 

そして、外宮を終え内宮へ移動し、この世とあの世の結界と言われる五十鈴川にかかる宇治橋を渡り、五十鈴川で手を清め天照大御神が鎮座している本殿に参拝し、

ここでも不思議な光景を目にしました。

宇治橋から見た五十鈴川、何とも澄み切った川面

 

 

僕は、神話の天照大御神邪馬台国の女王の卑弥呼とはなぜか同一人物だと思えるんです。

そのことを本殿に登る階段のところで思っていると、巫女の格好をした髪が長く髪を後ろに束ねている若い女の人が小走りに降りてきて、僕の方をみてまた走り去る姿が浮かんできました。

これはその答えだなと、やっぱり天照大御神卑弥呼だったんだ勝手に思いました。

 

内宮を存分に参拝したあと、五十鈴川にかかる別れを惜しみながら宇治橋をまた渡り、最後に振り返って橋の上から撮った写真がこれです。

う???鳥居の真上の空に魚?らしきものが飛んでいるんです。

スマホで連続して撮ったんですが、この一枚だけになにか写ってます。

 

どう見ても魚か鯨かメダカらしき姿かたち⁉️

拡大したら目もあり尻尾の方は尻尾以外に何か伸びているような、そして胴体から何か発光しているような色も見えるような、

 

最初はレンズにゴミが付着して映り込んだんだろうと妻と話してたんですが「いや、これはゴミではない!」と確信が湧いてきました。

写っている位置が、丁度宇治橋の真ん中を垂直に伸ばした上空であり、鳥居の真ん中というのもその気持ちを後押しするようで、これはまさに未確認飛行物体ではないだろうか??と思うんです。

 

みなさん、これ、何に見えますか?

いやー不思議な夏至の日の1日でした。

それにしても参拝後、おはらい町通りの食べ物屋さんとか午後4時すぎというのにどこも店を閉じ出して、入るお店はほとんどなくなっていたのには二度びっくりでした。

(終わり)

下鴨神社にて祭神について思ったこと

先日、京都御所の鬼門に当たる下鴨神社に参拝してきました。

京都御所を守るために建てられたのでしょうか。

正式には賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)と呼ぶそうで、鴨川の下流に位置してるんで通称「下鴨神社」というそうです。

この神社の祭神は、賀茂建角身命(かもたけつぬのみこと)と玉依姫命(たまよりひめ)という二人の神様です。

神様を二人という呼び方をしていいのかどうか?

 

賀茂建角身命は別名八咫烏(やたがらす)とも言われ、神武天皇の神武東征の際には金鵄(きんし)に化身して奈良まで道案内をして初代天皇の地位につけ日本を統治させたとあります。

でも、僕はカラスでもなんでもなく地理に長けた人間は先導役として道案内したと思います。

一方、玉依姫神武天皇のお母さんであり玉とは「霊魂」、依りとは「憑りつくす」、姫とは「巫女」で「神霊の依代となる巫女」とのことです。

当時日本には巫女が沢山いたんではないでしょうか?

 

この二人の神は別名が色々あるし別の神という言い方もされています。

つまり、この祭神と言われる神は全て人間だったのではないでしょうか?

特殊な能力を持った人間を神という存在に仕立てて崇拝していたと思うんです。

 

下鴨神社のHPによると西暦28年には神宝の奉納、西暦90年には神社の端垣の修復がされた事が記録として残っているそうです。

そうすると時代は縄文時代から弥生時代ということになります。

その時代は歴史的な記録にも石器や土器が使われ、稲作が行われ始めた頃とあります。

神社が建てられたり修復されたりしている記録が残るということは、人間の手が加わっている証拠だと思うんです。

 

そういうことを思いながら境内を回って行きました。

この続きはまたしたいと思います。

 

(終わり)